Beach & City Guide

Advertisements


カンクン旅行の基本情報

 カンクン旅行の基本情報

 日本からカンクンへのアクセス

日本からカンクンまでは直行便がないため、アメリカの主要都市で乗り換えるのが一般的です。東京(成田または羽田)から16時間〜35時間でほぼ1日かけて移動となります。また経由地で1泊となる場合もあります。アメリカからはコンチネンタル、アメリカン・エアライン、デルタ、ユナイテッド、コリアンエアなど、多くの航空会社がカンクン行きの便を出しています(アメリカを経由しない場合は、メキシコシティかティファナから乗り換えになります)。カンクンの空港から市街へはタクシーを利用します。

アメリカを経由するには、ESTA申請が必要になります。アメリカには日本の各空港からダラス、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストン、アトランタなどへ行き、カンクンまで乗り継ぎとなります。成田からメキシコシティまでは、アエロメヒコ航空で13時間25分となります。
■アメリカン航空(AA)
成田からダラスへ11時間半ほど,フォートワースを経由してカンクンへ2時間半ほどで到着
■ユナイテッド航空(UA)
成田からロサンゼルスへ10時間、ロサンゼルスからカンクンへは4時間半ほどで到着

パスポートとビザ

■ビザ
90日以内(延長手続きで最大180日間)の観光や語学学習にはビザ不要。ビジネスや留学目的での入国は、在日メキシコ大使館へ問い合わせを。

■パスポート
入国時点で残存有効期間が滞在日数以上必要。

■アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意
◆ESTA(エスタ)
ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければなりません。申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行います。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力します。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済となります。

税関

観光客は2カートンの紙タバコ、50本の葉巻のどちらか一方、1キロの喫煙用刻みタバコ、1リットルのワイン、もしくはアルコール類2本、12個のフイルムを持ち込むことが許可されています。基本的に観光客はメキシコで転売すると考えられるすべての物を持ち込むべきではありません。

言 語

メキシコでの公用語はスペイン語となりますが、カンクンでは英語の普及率が非常に高く特にホテルゾーンでは英語での会話にも支障はございません。しかし、せっかくですから少しスペイン語を覚えておくと便利でしょう。

時 差

メキシコには3つの時間帯があり、カンクンは中部標準時(CST)で日本との時差は15時間遅れです。カンクンやメキシコ・シティの正午は、日本の翌日の午前3:00になります。ティファナなど北バハ・カリフォルニア州で使われている太平洋標準時(PST)では、日本との時差は17時間。この時差を計算に入れておかないと、飛行機、バス、船、列車を逃したりする原因になるので注意しましょう。
また、4月の第1日曜~10月の最終日曜までは、サマータイムが実施されています。この期間のCSTのカンクンやメキシコ・シティの日本との時差は14時間遅れとなる。

通貨

ペソはメキシコ国内どこでも使えますが、欧米人の多く訪れるカンクンのホテルゾーンやプラヤデルカルメンにおいてはほとんどのお店でUSドルの支払いが可能です。ドルでお支払いの場合、おつりはペソで返ってきます。

メキシコの通貨単位はペソPeso。通貨記号としては「$」で表示されているが本書では米ドルと区別するために「M$」と表記している。M$1=約7.7円、US$1=約M$13(2014年8月15日現在)。ペソの補助単位がセンタボCentavo。M$1=100Centavo。メキシコのインフレ率は毎年3~7%程度。
紙幣はペソが20、50、100、200、500、1000。流通している硬貨はペソが1、2、5、10、20、センタボが10、20、50。

チップ

メキシコにはチップの習慣がしっかりと根づいています。レストラン(ファーストフード以外)では合計金額の10%~15%が目安となります。一般的にはお食事の後、ウエイターに伝票を席に持って来てもらい(CHECK PLEASEとお伝え下さい)内容をご確認後、合計金額にチップを上乗せし、テーブルの上に伝票と一緒に置いておきます。クレジットカードでの支払いや、ホテルの部屋付けにする場合にも英語でTIP、スペイン語でPROPINA(プロピーナ)と書かれた欄に金額を書き込んで総合計に含んでチャージを掛けられるようになっています。ホテルのベッドメイクには1泊1部屋あたり2米ドル(20ペソ)程度、ポーターへは荷物1つにつき1ドル程度。ルームサービスや特別なサービスを受けた場合にもチップが必要となります。ただし、オールインクルーシブのホテルの場合、ホテル内でのチップ支払は一切不要です。

■タクシー 基本的には必要ないが、キリのよい金額に切り上げて支払うとよい。
■レストラン 料金の10%から15%が目安。おつりの小銭をテーブルに残すのが基本。
■ホテル ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ場合にはM$10~20程度。
■ツアーやアクティビティ ツアーガイドやダイビングガイドなどにはM$20~50程度。

両替

現金預入支払機(ATM)は主要都市、リゾート地で広範囲にわたって見つけることができます。観光客は安全の理由から日中の間だけATMを利用します。ほとんどのATMはスペイン語、英語表示があり、ペソで受け取ります。ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレスは最も利用できるクレジットカードです。

ビジネスアワー

■銀行    月曜日~金曜日 8時~19時 (いくつかの銀行土曜日の午前中も営業しています。)
■郵便局   月曜日~金曜日 8時~18時 
■デパート、ショップ  毎日10時~22時  
■博物館    月曜日~金曜日 9時~18時  
■事業所    月曜日~金曜日 9時~18時  

郵便

メキシコから日本への郵便料金は、ハガキがM$15で、封書(20gまで)も同料金。日本へ送りたい場合は、郵便局の窓口で「A Japon」とひとことでいい。高級ホテルではフロントに投函を頼むこともできる。ハガキや封書や小包は7~14日、EMSやDHLは4~5日で日本に到着する。

電気・電圧

電圧は110V、120V、127V、周波数は60Hz。コンセントプラグの形状は日本と同じ(Aタイプ)。100Vの日本の電化製品もそのまま使えて、プラグの形状も日本と同じ。基本的に長時間でなければ日本の電化製品も使用可能ですが、充電など長時間使用する場合は故障の原因にもなるので、変圧器があれば安心です。

飲料水としては水道水ではなく市販のミネラルウォーターのご購入をお薦めします。基本的にホテルやレストランで出される水は蒸留水を使用していますが、ローカルな食堂で食事をする場合などは、安全のためにミネラルウォーターを飲むようにしましょう。レストランによっては煮沸した飲料水を出すお店もありますが、氷が殺菌処理されていないケースが多いので、注意です。スーパーや雑貨店などでミネラルウォーターは購入できますので、カンクンに着いたらまずボトルウォーターを買って、飲み水の確保をしておきましょう。

カンクンの国内交通手段

カンクンには鉄道が通っていない為、移動手段は全て車になります。
バスは、ホテルゾーンとダウンタウンを結び24時間運行で、一人10.5ペソの均一料金を乗る毎に運転手に手渡します。
ご利用の際は、お釣りの無いように出来るだけペソの小銭をご用意されていると良いでしょう。乗下車は約300メートル毎にあるバス停からとなりますがバス停に名前や目印はなく非常に分かりづらいのでご乗車の際に運転手に行き先を告げておくと良いでしょう。
タクシーは、メーターを使わず公定料金を目安としますので必ず乗車前にご確認下さい。ホテルに待機しているタクシーをご利用の際はホテルのドアマンに料金を確認しましょう。

治安と安全

メキシコの犯罪率は高いです。カンクンはメキシコ国内の中でも格段に治安もよく、夜間の外出なども問題はありませんが、観光客は常識を持って、常に周囲に気を付けてください。高価な宝石を身につけたり、自分に関心を引き寄せたりしないでください。また、日中のみに安全な場所のATMから現金を引き出すことも重要です。

メキシコ 基本情報
国名 メキシコ合衆国
Estados Unidos Mexicanos
国旗 MX
時差 GMT-5 (日本より15時間遅くサマータイムあり)
国歌 メヒカーノス・アル・グリート・デ・ゲラ / Mexicanos, al grito de guerra
面積 196万4375km2(日本の約5倍)
人口 約1億2233万人
首都 メキシコ・シティ Mexico City
政体 立憲民主制による連邦共和国
民族構成 メスティソ(先住民とスペイン系白人の混血)約60%、先住民約25%、スペイン系白人約9%。
宗教 約90%がカトリック
危険度
(事前確認⇒)
要確認
外務省ホームページ
 カンクン ベストシーズン
天気の傾向 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
ベストシーズン sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
カンクン ベストシーズン ビーチ 4月~5月 観光 12月~4月  / 乾季 11月~4月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 heavy-rain sun-cloud sun-cloud sun sun sun
平均気温(℃) 23 23 25 26 27 28
平均最高気温(℃) 28 29 30 32 33 33
平均最低気温(℃) 21 21 22 23 24 25
降水量(MM) 43 46 40 27 28 109
雨の日数 7 5 4 3 5 8
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 sun sun cloud cloud sun-cloud heavy-rain
平均最高気温(℃) 33 34 33 31 30 28
平均最低気温(℃) 25 25 25 24 23 21
降水量(MM) 115 181 270 177 104 87
雨の日数 5 6 10 11 8 7
カンクン 気候の特徴

カンクンは年間300日は晴れと言われるほど晴天率が高い地域で、緯度は日本の宮古島とほぼ同じで平均気温は27℃~28℃と温暖な気候です。乾季にあたるのは12月から4月で雨季は5月から11月となります。

ベストシーズンは乾季にあたる晴天の日が多く、海の透明度も高い12月~4月と言われていますが、11月〜3月は海に入ることは出来ますが、比較的水温も冷たくなりますのでビーチリゾート目的でのベストシーズンは4月~8月になってきます。

観光重視であれば、11月〜4月がおすすめです。5月〜11月が雨季となりますが、スコールや通り雨がほとんどで、1日中雨が降り続くことは少ないです。一番暑い時期は日本と同じく7月~8月で30度以上の日も増え、湿度が高くなります。9月~11月の雨季は雨や曇りの日が増えオフシーズンとなり、9月~10月はハリケーンの多い時期でもあります。飛行機の発着に支障がでたり、遺跡やビーチ などの施設も休業し観光ができなくなることもあります。

欧米から避寒の観光客が多い12月〜3月やメキシコ人のバカンスシーズンである復活祭の3月下旬〜4月中旬、また夏休みの7月〜8月の期間は、カンクンのハイシーズンで込み合う時期となります。

ダイビングであれば海の透明度も高い12月~4月がベストシーズンとなります。スコールや強風が多くなる9月・10月は海の透明度が落ちます。野生のジンベイザメは毎年6月〜8月、バショウカジキは1月〜3月がシーズンとなります。

  RELATED POSTS

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る