Beach & City Guide

Advertisements


リビエラ マヤ旅行のベストシーズン

カリブ海人気の憧れリゾート「リビエラ・マヤ」

カリブ海を望むメキシコNo.1のリゾートシティ「カンクン」から南側に位置する近年注目のエリア「リビエラ・マヤ」。カンクンの南からマヤ遺跡のあるトゥルム周辺までの約150㎞にわたる海岸線エリアの総称としてリビエラ マヤと呼ばれ、その中心地はカンクンから車で1時間ほどのプラヤ・デル・カルメンになります。メキシコ南東部のユカタン半島の広大な熱帯雨林の中に、高級なリゾートエリアがいくつも点在し、美しいカリビアンブルーの海と白いビーチを持つカリブ海屈指の豪華リゾートエリアとなりました。海岸沿いには、プエルト・モレロス、マヤコバやプラヤ・デル・カルメンなどの街にたくさんの魅力的なリゾートホテルがオープンしています。カンクンとリビエラ マヤの双方で宿泊するのも、街のリゾートと自然のリゾートのそれぞれの雰囲気を楽しむことが出来ておすすめです。

ユカタン半島の世界遺産

観光でも人気の滞在先で観光スポットとしては、シカレ(xcaret)やシェルハ(Xel-Ha)の海洋公園や世界遺産のチチェン・イッツァ遺跡やトゥルム遺跡などがあり、ユカタン半島特有の地質が生み出した「セノーテ」と呼ばれる泉は、グラン・セノーテやセノーテ・チャックモールが有名です。セノーテの光のカーテンはとても幻想的でシュノーケリングやダイビングをはじめ、リビエラ・マヤの自然を満喫する多くのアクティビティーやオプショナルツアーも楽しめるエリアです。またマヤコバには、近年リゾートエリアとして、ローズウッド、アンダーズ、フェアモント、バンヤンツリーといったラグジュアリーホテルがオープンし、マヤコバコネクションというボートがラグーンを巡って各ホテルを周遊できます。

 リビエラ・マヤ旅行のベストシーズン
bestseason

bestseason

リビエラ マヤ 気候の特徴

リビエラ マヤは年間300日は晴れと言われるほど晴天率が高い地域で、平均気温は27℃~28℃と温暖な気候です。乾季にあたるのは12月から4月で雨季は5月から11月となります。

ベストシーズンは乾季にあたる晴天の日が多く、海の透明度も高い12月~4月と言われていますが、11月〜3月は海に入ることは出来ますが、比較的水温も冷たくなりますのでビーチリゾート目的でのベストシーズンは4月~8月になってきます。

観光重視であれば、11月〜4月がおすすめです。5月〜11月が雨季となりますが、スコールや通り雨がほとんどで、1日中雨が降り続くことは少ないです。一番暑い時期は日本と同じく7月~8月で30度以上の日も増え、湿度が高くなります。9月~11月の雨季は雨や曇りの日が増えオフシーズンとなり、9月~10月はハリケーンの多い時期でもあります。飛行機の発着に支障がでたり、遺跡やビーチ などの施設も休業し観光ができなくなることもあります。

欧米から避寒の観光客が多い12月〜3月やメキシコ人のバカンスシーズンである復活祭の3月下旬〜4月中旬、また夏休みの7月〜8月の期間は、リビエラ マヤのハイシーズンで込み合う時期となります。

ダイビングであれば海の透明度も高い12月~4月がベストシーズンとなります。スコールや強風が多くなる9月~10月は海の透明度が落ちます。野生のジンベイザメは毎年6月〜8月、バショウカジキは1月〜3月がシーズンとなります。

リビエラ マヤのビーチリゾートを楽しめるシーズンは、日差しが強い為、帽子やサングラスなどを紫外線対策として上手に使いましょう。あまり肌を焼きたくない方は、日焼けや紫外線対策としてUV対策グッズや薄手の長袖などで対応が必要となります。屋外との気温差がありますので冷房が効いた室内では薄手の長袖や軽く羽織れる上着などがあると便利です。また雨が降った時や朝晩に肌寒くなることもありますので臨機応変に対応できるように準備しましょう。

天気の傾向 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
ベストシーズン sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
リビエラ マヤ ベストシーズン ビーチ 4月~5月 観光 12月~4月  / 乾季 11月~4月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 heavy-rain sun-cloud sun-cloud sun sun sun
平均気温(℃) 23 24 26 27 28 28
平均最高気温(℃) 28 29 30 31 32 32
平均最低気温(℃) 19 20 21 23 25 25
降水量(MM) 17 15 6 14 16 173
雨の日数 3 2 1 1 1 1
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 sun sun cloud cloud sun-cloud heavy-rain
平均気温(℃) 28 28 28 26 25 24
平均最高気温(℃) 32 32 32 31 30 28
平均最低気温(℃) 24 24 24 22 21 19
降水量(MM) 156 164 173 114 29 21
雨の日数 3 3 3 3 3 2
 日本からリビエラ マヤへのアクセス

リビエラ・マヤへはカンクンからのアクセスとなります。日本からカンクンまでは直行便がないため、アメリカの主要都市で乗り換えるのが一般的です。東京(成田または羽田)から16時間〜35時間でほぼ1日かけて移動となります。また経由地で1泊となる場合もあります。アメリカからはコンチネンタル、アメリカン・エアライン、デルタ、ユナイテッド、コリアンエアなど、多くの航空会社がカンクン行きの便を出しています(アメリカを経由しない場合は、メキシコシティかティファナから乗り換えになります)。カンクンの空港から市街へはタクシーやバスを利用します。プラヤ・デル・カルメンには約1時間の移動となります。高級リゾートであれば事前のやりとリが必要ですが、空港からの送迎サービスのあるホテルも多くあります。

アメリカを経由するには、ESTA申請が必要になります。アメリカには日本の各空港からダラス、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストン、アトランタなどへ行き、カンクンまで乗り継ぎとなります。成田からメキシコシティまでは、アエロメヒコ航空で13時間25分となります。

アメリカン航空(AA)

成田からダラスへ11時間半ほど,フォートワースを経由してカンクンへ2時間半ほどで到着

ユナイテッド航空(UA)

成田からロサンゼルスへ10時間、ロサンゼルスからカンクンへは4時間半ほどで到着

プラヤ・デル・カルメン

プラヤ・デル・カルメン

プラヤ・デル・カルメンは、カンクンの南約65kmにあり、車で約1時間の距離です。観光客に人気の5thアヴェニューではレストランやブティックが並び、ショッピングモールやホテルも多く揃う繁華街です。カンクンのビーチより美しいプラヤ・デル・カルメン・ビーチや世界有数の透明度を誇るコスメル島へのフェリーのある港もあり、リビエラ・マヤの中心地として街もビーチもジャングルも楽しめ、コスメル島や遺跡巡りへの経由地としても観光客で賑わいを見せています。また美しいビーチやナイトクラブで10日間にわたり約80のパーティが開催されるダンスミュージックイベントの「The BPM Festival」でも知られるパーティー・リゾートとしても有名です。

リビエラ・マヤ 人気のホテル

ローズウッド マヤコバ / Rosewood Mayakoba

Carretera Federal Cancun – Playa del Carmen Km 298, 77710 プレヤデルカーメン, メキシコ


リビエラ・マヤ 人気のホテル

ザ ロイヤル プラヤデルカルメン
The Royal Playa del Carmen

Avenida Constituyentes 2 | Centro, Gonzalo Guerrero, 77780 プレヤデルカーメン, メキシコ


 リビエラ・マヤ 人気スポット
Chichen Itza

世界遺産 チチェン・イッツァ遺跡

メキシコのユカタン半島に残された「古典期マヤ」の最大の都市遺跡。広大なジャングルの中に、北部はトルテカ期、南部にはプウク期の建物が残っており、神殿や天文台など、数多くの遺跡群が点在している遺跡群です。チチェン・イッツァ遺跡群の中心にあるカスティージョは、スペイン語で城という意味。高さは約24mで、9層からなるピラミッドです。ピラミッドの4面にあるそれぞれ91段の階段に最上部の神殿を加えると、階段の総数は「365」となり、「暦のピラミッド」と呼ばれています。

ekbalam

エクバラン遺跡

バヤドリの町から30分ほどに位置するエク・バランは、古典期(西暦300年~900年)に栄えた都市で、800年ころに最盛期を迎えた後、衰退した知る人ぞ知るマヤ遺跡です。古き時代に栄華を誇ったマヤの都市遺跡の最大の建造物であるアクロポリスにある王の墓など、優れたマヤ文明の装飾芸術がほぼ完全な形で見られます。高さ33mあるアクロポリスは、神殿に登るための階段が頂上まで一直線に伸びており、椰子の葉の覆いがあちこちに掛けられているのはその下の漆喰彫刻などを守るためです。

tulum

世界遺産 トゥルム遺跡

マヤ文明末期(西暦1000年~1400年)に栄えた城壁都市の遺跡。トゥルム遺跡は歴史上価値があるマヤ文明遺跡であるため、世界遺産に指定されています。「トゥルム」とは城壁という意味でトゥルムはマヤ人が住んでいた最後の都市の1つです。スペインからの占領下においてもおよそ70年間を生き延びた歴史の深い都市です。中央エリアの海側の奥には、ひときわ目立つ高さ7.5mの中央神殿があります。トゥルム遺跡はの横には美しいビーチがあり、海水浴もできる世界遺産となります。

Cenote Ik kil

セノーテイキル

セノーテイキルのセノーテとは地底湖という意味です。石灰岩地帯の陥没穴に溜まった地下水のことでメキシコ各地に存在しています。この地底湖の下層には大規模な鍾乳洞が水没していることが知られている神秘的なスポットです。 微生物など存在しないため透明度100mと言われ、泳ぐことが可能で沈む鍾乳洞と差し込む太陽光が美しいスポットです。

xplor

アドベンチャーパーク「XPLOR」

アドベンチャーパーク「XPLOR」はリビエラ マヤから南へ約1時間に位置し、シカレー海洋公園の隣になります。ユカタンの自然を満喫できるジャングルをうまく活かしたアドベンチャーパークxです。洞窟の中の地下水脈を泳いだり、水陸両用車でのジャングル散策など、アクティビティが盛りだくさんです。

  RELATED POSTS

トップへ戻る