Beach & City Guide

Advertisements


セントーサ島旅行のベストシーズン

リゾートTOP セントーサ島のベストシーズン セントーサ島 基本情報 セントーサ島 新規オープンのホテル

Singapore / シンガポール 

Marina Bay Sands Hotel Singapore

マレー語の「スィンガプラ(Singapura)」から「獅子の都」を意味するシンガポール

シンガポールの国土は淡路島ほどの大きさで約550万の人口になります。構成として華人が約75%でその他のマレー系やインド系などを含めた多民族国家です。民族固有の文化に加え、以前の宗主国イギリスの文化も加わり、シンガポールは独特の文化を形成しています。緑と花が豊かな街並みにショッピングやグルメ、複合リゾートとして開発されたマリーナベイサンズのカジノや様々な観光スポットが充実した人気の海外旅行先となりました。経済においても世界第4位の金融センターや世界3位の一人当たりの国民所得など世界有数の商業中枢に成長しています。

     Travel – Sentosa / セントーサ 

Sentosa-Island

シンガポールの南にあるリーゾートアイランド

セントーサ島は、シンガポールの南にあるリーゾートアイランド。ユニバーサルスタジオジャパン、マーライオン・タワー、ウィングス・オブ・タイムやポートオブロストワンダーなどの美しいショー、世界最大の海洋水族館「シー・アクアリウム」など島全体がテーマパークと高級ホテルの複合リゾートとなっています。またシンガポールには2ヶ所にカジノがあり、マリーナベイサンズともう1つはセントーサ島の「リゾート・ワールド・セントーサ」。ビーチリゾートとしては景観と立地と雰囲気で寂しいところはありますが、シンガポール観光とセットで考えればという方、もしくはシンガポールのセレブはセントーサに別宅を持つこともステイタス(投資)の様ですのでセレブ気分を高級リゾートで楽しまれてはどうでしょう。

 セントーサ旅行のベストシーズン
bestseason

bestseason
セントーサ 気候の特徴
シンガポールは、ほぼ赤道直下にあり、年間通して温暖な熱帯モンスーン気候になります。1年中日本の夏のように年間の平均気温は26〜27度で高温多湿。日中の気温は24~32℃、湿度は84~87%とかなり蒸し暑く、日本の夏の服装ですが、冷房が強い場所もありますので羽織るものも必要です。帽子やサングラス、折りたたみ傘も必要かと。10〜3月が雨季、4〜9月が乾季となります。特に乾季の5~8月の日中は35℃を超え、南国特有のスコールは1~2時間でまた晴れ間が広がることが多いです。雨季は特に11月頃から2月頃までで気温は少し下がりますが、曇りがちな日が続きます。日本の梅雨のように朝から晩までずっと降り続くことはありません。
ベストシーズンの見方 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
セントーサ ベストシーズン  5月~8月 / 乾季 4月~9月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 sun-cloud sun-cloud sun-cloud sun-cloud sun sun
平均最高気温(℃) 30 31 31 32 32 31
平均最低気温(℃) 23 24 24 24 25 25
降水量(MM) 198 154 171 141 158 140
雨の日数 11 9 10 12 11 10
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 sun sun sun-cloud sun-cloud cloud sun-cloud
平均最高気温(℃) 31 31 31 31 31 30
平均最低気温(℃) 24 24 24 24 24 23
降水量(MM) 145 143 177 167 252 304
雨の日数 10 12 10 12 13 16
シンガポール 基本情報 

LOCAL TIME


【セントーサ島 / シンガポール  アクセス】成田、羽田、関西、中部、福岡空港から直行便が運航。(シンガポール航空、日本航空、全日本空輸、ノースウェスト航空、ユナイテッド航空。)日本とシンガポール間は、直行便で6時間半程度。1日の便数も空港によりますが多いため、スケジュールが組みやすい。日本人は30日以内の観光旅行ならビザは不要です。シンガポール出国用のチケット、6カ月以上の有効期間があるパスポートなどが必要です。現地の入国管理局で申請すれば滞在期間の延長も可能です。

◆シンガポール 基本情報

セントーサ島 人気のリゾートホテル 

Shangri-La’s Rasa Sentosa

☆ シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ ☆ Shangri-La’s Rasa Sentosa Resort & Spa, Singapore

チャンギ国際空港から車で約30分の立地。ゲストルーム(454室)は、スタンダードルーム(441室)、スイート(13室)で、31~150平方メートルの広さの10タイプ。キャセロール、シルバーシェルカフェ、8ヌードルズ、ザ・バブルバーなど、複数のレストランとバーを一箇所に集めた新しいスタイルのダイニングスペース、Dine On 3やプールサイドのシロソビーチバーなどのレストランも充実。

 ◆セントーサ 新規オープンのホテル

セントーサ 人気のビール 

ABC Stout

ABC  / エーービーシー

タイプ:スタウト / 原材料:大麦・穀類・ホップ / 容量:330ml / アルコール度数:約 8%  タイガーと同じアジアパシフィックブルワリー(APB)のビールブランド。2010年ビア・アワード アジア・ベストスタウトを受賞の高級黒ビールです。香りとビターな後味が最高です。

◆セントーサ ビール情報


【 日本最大級の海外旅行比較サイトで格安のシンガポール旅行を徹底比較! 】
シンガポールの格安ツアー価格
How much?
AB-ROADへ
シンガポールのホテル格安価格
How much?
Expediaへ
シンガポールの航空券格安価格
How much?
JTBへ

    Travel – Singapore Sentosa / シンガポール セントーサ

-セントーサ ツアー情報リンク-

「獅子の都」を意味するシンガポールのリゾートアイランド

◆セントーサ ベストシーズン ◆セントーサ 基本情報  
◆セントーサ 新規オープンホテル ◆セントーサ ビール情報

セントーサ ベストシーズン  5月~8月 / 乾季 4月~9月

シンガポールは、ほぼ赤道直下にあり、年間通して温暖な熱帯モンスーン気候になります。1年中日本の夏のように年間の平均気温は26〜27度で高温多湿。日中の気温は24~32℃、湿度は84~87%とかなり蒸し暑く、日本の夏の服装ですが、冷房が強い場所もありますので羽織るものも必要です。帽子やサングラス、折りたたみ傘も必要かと。10〜3月が雨季、4〜9月が乾季となります。特に乾季の5~8月の日中は35℃を超え、南国特有のスコールは1~2時間でまた晴れ間が広がることが多いです。雨季は特に11月頃から2月頃までで気温は少し下がりますが、曇りがちな日が続きます。日本の梅雨のように朝から晩までずっと降り続くことはありません。

◆ セントーサ おすすめホテル~Expedia
◆ セントーサ ツアー比較~AB-ROAD♪
◆ セントーサ旅行なら【JTB】の海外ツアー

-セントーサ ツアー人気ホテル  -

Singapore_Skyline_Panorama2012年オープンのWブランド
◆Wシンガポール・セントーサ・コーヴ
セントーサで人気の豪華リゾート

◆シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ
セントーサ中心に位置する高級ホテル
◆モーベンピック セントーザ

  RELATED POSTS

トップへ戻る