Beach & City Guide

Advertisements


LCC(格安航空会社)のメリット・デメリット

リゾートTOP LCC一覧 LCC注意点 LCCでビーチリゾート LCC最安値情報

 LCC(格安航空会社)利用の注意点

LCC(格安航空会社)は、様々なコストカットをする事によって格安価格となっています。LCCを利用する際のメリットとデメリットを理解した上で航空券を購入しましょう。

LCC(格安航空会社)のメリット
価格が安い=航空運賃がレガシーキャリア(大手フルサービスの航空会社)と比較すると約20~70%の格安料金となっている
新興の会社が多いため、新しい機材を使用している会社が多い
片道単位で料金設定されているので、往復だけでなく、片道でも安い
燃油サーチャージが徴収されない場合や割安な場合がある
フライト便名、スケジュールが購入時に分かる
最低滞在日数、最大滞在日数等の制限がない
時限的なセールがある(基本的に早く買うほど安い)
整備施設、要員を自社で持たないため、大手に委託
LCC(格安航空会社)のデメリット
自社ウェブサイト以外からチケットを予約・購入すると手数料が高い
機内サービス(預入荷物、座席指定、機内食、飲み物、ブランケット、映画などのエンターテイメント)の多くが別途料金
ウェブサイト以外から機内サービスを申し込むと非常に高額
荷物は機内に持ち込めるサイズが経済的
座席のシートピッチが狭い
座席が自由席、あるいは指定席制でも事前指定ができない
遅延や欠航が多く発生する
燃料をあまり余分に積まないので、上空待機しない
マイレージが貯まらない
機材故障等の理由をつけてフライトをキャンセルする
フライト欠航の時は全て自力解決、自己負担、保証がない
早朝や深夜発着の便もあり発着時間が不便(交通手段等の下調べも必要)
使用空港が市内より離れている場合が多い
近くの空港から発着等で乗り継ぎが面倒なLCCもある
チェックインカウンターが少なく、空港の端にある場合が多い
発着ターミナルが異なる場合がある
航空機が小型の場合が多い
航空券の不定期でセールがあったり、最安の価格を狙うのは難しい
遅延や欠航があった場合、自社便への振替が基本
チェックインの締切時間が早い
有人カウンターでのチェックインは手数料を取る会社もある
航空機の乗り降りは基本的にタラップ(階段)を使う

Short☆Vacation  Link
リゾートTOP 海外旅行 格安を探す方法 海外旅行の格安のツアーを探す方法 海外ホテルを格安で探す方法 海外ホテル比較サイトをクーポンでお得に! 海外格安航空券を探す方法 海外旅行の高級ツアーブランドを探す方法 海外ホテル会員プログラムで特典利用! LCC一覧 LCC注意点 LCCでビーチリゾート LCC最安値情報
  RELATED POSTS

トップへ戻る