Beach & City Guide

Advertisements


ジェットウィング ラグーンー王道の人気リゾート

Jetwing Lagoon
ジェットウィング ラグーン

jetwing-lagoon

スリランカの玄関口であるバンダラナイケ国際空港から約16Km、車で約25分のネゴンボの街に、スリランカの天才建築家ジェフリー・バワが初めて設計したホテル「ジェットウィング ラグーン」が佇みます。スリランカで最初のリゾートホテルとして1965年に完成したホテル(旧名称ブルー・ラグーン)が老朽化のため、一時期閉鎖されていましたが、ジェットウィンググループの運営となり、バワの弟子であるヴィノット・ジャヤシンゲのリノベーションにより、2012年の5月にリニューアルオープンしました。

jetwing-lagoon-4
jetwing-lagoon-5


ネゴンボは、空港から最も近いリゾートエリアで長い歴史を持つ古い漁港の街です。コロンボから北へ約30kmでリゾートホテルが点在するリゾートエリアでジェフリーバワのホテルもあります。オランダやイギリスの影響からカトリックが多数派で仏教・ヒンドゥー教・イスラム教など多数の宗教が共存する都市でもあり、街並みも変化に富んでいます。

jetwing-lagoon-6
jetwing-lagoon-10


バワ建築のコンセプトは、自然と人間の共存と融合であり、そのデザインはアマンリゾーツの代表であるエイドリアン・ゼッカ氏が非常に影響を受けたと言われています。今回のリニューアルでバワ建築の魅力を最大限に生かし、モダンさを融合させたリゾートホテルに生まれ変わりました。

jetwing-lagoon-1

jetwing-lagoon-3

jetwing-lagoon-2

jetwing-lagoon-7

jetwing-lagoon-9

jetwing-lagoon-8


全56室の客室カテゴリは、2階建てのビルディングタイプの1階がデラックスルーム(14室 63㎡)、2階のファミリールーム(14室)やバワルーム(22室 72㎡)、バワスイート(2室 67㎡)、スイート(4室)など。

jetwing-lagoon-12
jetwing-lagoon-11


ホテルの立地は片方が波の穏やかなラグーンに、そしてもう一方が道路を隔てたビーチに面しており、ホテルの施設はエントランスに入るとレストランとの間に、ジェットウィング ラグーンの代名詞的な長さ100mの大きなプールがあり、ビーチ側にもオリジナルのプールがあります。

jetwinglagoon

ニゴンボのアーユルヴェーダ施設では、ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズが有名ですが、ジェットウィングラグーンのアーユルヴェーダもアーユルヴェーダ医師も常駐し、本格的アーユルヴェーダが受けることができるようになっています。


geoffrey-bawa
スリランカを代表する建築家ジェフリーバワ氏は、トロピカル建築の第一人者としてデザイン性の高い「ジェットウィング・ライトハウス」や「ザ・ブルーウォーター」などのリゾートホテルを手掛け、アマンリゾーツの代表であるエイドリアン・ゼッカ氏が非常に影響を受けたという伝説的な建築家です。For more information

  RELATED POSTS

トップへ戻る