Beach & City Guide

Advertisements


スーツケースに入らない~すぐに使えるパッキング術

Girl_with_a_Suitcase
これからビーチリゾートに行こうと海外旅行の準備で毎回頭を悩ませるのが、スーツケースに入れる荷物のパッキングですね。

つい荷物が多くなってきてスーツケースに入りきらないとストレスを感じる前にうまく収まるパッキングの技術をご紹介いたします。

A.パッキングは靴からとりかかりましょう

・スーツケースのパッキングは靴から始めましょう。
・スーツケースの角に収まるように靴のかかとの部分を工夫して入れます。
・ハイヒールでもヒール部分をうまく角に合わせると綺麗に入ります。

B.衣類は丸めて入れましょう

・折りたたむよりくるくると丸めて入れましょう。
・しわになりにくく、スーツなど厚手の生地でも使える技です。
・スーツケースのスペースも広がり、有効に使えます。但しホテルに着いたらきちんとハンガーにかけましょう。
・その際にしわ取りスプレーを使うと効果的です。

C.衣類はボトムから収めましょう

・靴の次に、ジーンズやパンツなどのボトムを詰めましょう。
・生地の厚いものや丸めた時に少しかさばるものから入れていくのがコツです。
・ジャケットなどもこの段階で詰めておきましょう。

D.トップスなど軽いものを隙間に

・この時点でスーツケースのスペースはかなり埋まってきるいるかと。
・そこで隙間をうまく利用して、トップスやカーディガンなどの羽織り物など軽めの服を入れましょう。

E.バッグやコスメポーチなどは最後に乗せる

・バッグやコスメポーチを最後にいれましょう。
・バッグやポーチが荷物の中で抑えとなってくれます。
・荷物があふれるくらいな場合は、スーツケースの上に座りこみながら、ゆっくり閉めて行きましょう。

これで全てのパッキングは完了です!

以上が、スーツケース・パッキングの技となりますが、
パッキングが苦手な方や出張などでも試してみてください。

Girl with a Suitcase (1961)_Claudia Cardinale

  RELATED POSTS

トップへ戻る