Beach & City Guide

Advertisements


「 Great Barrier Reef / グレートバリアリーフ 」ページ一覧

ケアンズ・グレートバリアリーフ ビーチ情報&新規開業のホテル / 海外の新しくオープンしたリゾートホテルをアジアビーチ中心にご紹介。ビーチが決まってホテルの選択に迷ったら新しいホテルも良いかもしれませんね。

クオリア・ハミルトン島 ー 絶景のリゾートホテル

クオリア・ハミルトン島 ー 絶景のリゾートホテル

一度は泊まりたい絶景のリゾートホテル。クオリアは世界的に有名なラグジュアリーリゾート。ハミルトン島はウィットサンデー諸島の74の島々に囲まれ、世界遺産「グレートバリアリーフ」のハートのサンゴ礁「ハートリーフ」やホワイトヘブンビーチにも近く、世界最高のリゾートとして数々の受賞歴があり、憧れのホテルとなっています。

ケアンズ旅行のベストシーズン

ケアンズ旅行のベストシーズン

ケアンズの気候は、熱帯性気候で南緯17度、経度145度に位置する南半球のため、日本と逆になり、季節は夏と冬の大きく2つとなります。12月~5月頃までが夏で気温も高く蒸し暑い雨季となり、6月~11月頃までの冬は、温暖で乾燥した乾季となります。ビーチリゾートを楽しめるベストシーズンは、夏の終盤の4月~5月上旬と風が穏やかで暖かくなる10~11月中旬になります。ケアンズは年間を通して比較的晴れの日が多く、季節ごとのアクティビティを楽しむことが出来ます。平均年間降水量は、雨季でも特に1月~3月にかけて降水量が多くなります。雨が1日中降っているわけではありませんが、、朝と夜に比較的よく降ります。サイクロンが発生する時期にもなりますので注意しましょう。水温は快適ですが、雨のため水が濁ることが多く透明度は低下します。冬に当たる6月~8月は、日本の冬よりも暖かく上着を一枚くらい増やすだけで快適に過ごすことができます。海で泳ぐには、雨の日などは少し肌寒く感じることでしょう。

グレート・バリア・リーフ旅行のベストシーズン

グレート・バリア・リーフ旅行のベストシーズン

グレートバリアリーフは、オーストラリアのクイーンズランド州沖合一帯に広がり、北はトーレス海峡から南はバンダバーグ市沖合まで約2,000kmに及ぶ世界最大のサンゴ礁として知られています。1981年に世界遺産(自然遺産)に登録され、グレート・バリア・リーフ海洋公園として保護されています。ダイビングのメッカとしても、外洋のサンゴ礁(アウター・リーフ)やグリーン島、フィッツロイ島、ダンク島などダイバーの憧れのエリアでもあり、美しい島々やサンゴ礁には、高速艇や水上飛行機で青い海を眺めながら移動します。半日観光でも十分楽しめますが、グレートバリアリーフに浮かぶ74の島々からなるウィットサンデー諸島には、ハミルトン島やヘイマン島にリゾートホテルがあり、宿泊してグレートバリアリーフの自然の神秘を感じながら過ごすことが出来ます。

ワン&オンリー・ヘイマンアイランドー 憧れのホテルリゾート

ワン&オンリー・ヘイマンアイランドー 憧れのホテルリゾート

ワン&オンリー・ヘイマンアイランドは、1950年のオープン以来、英国王室から「ロイヤル・ヘイマン」の称号を得ていた老舗ホテル「ヘイマン・アイランド」が2014年7月にモルディブ、バハマ、モーリシャスなど世界中でラグジュアリーリゾートを展開するOne&Only Resortsにより、「ワン&オンリー・ヘイマンアイランド」としてリノベーションオープンしました。ヘイマン島は周囲8キロの島でウィットサンデー諸島の74の島々に囲まれ、世界遺産「グレートバリアリーフ」を感じられる1島1リゾートのプライベート・アイランドとなります。世界中のアーティスト、映画スター、セレブリティ憧れのホテルリゾートで熱帯雨林を背にした白砂のビーチと珊瑚の海を感じながら贅沢な時間を過ごすことが出来るでしょう。

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る